LIVE / EVENT SCHEDULE

3/5(thu) Jazz de 洋楽 Night

小林宏衣(vo) 松原慶史(gt)
Hiroe Kobayashi(vo) Yoshifumi Matsubara(gt)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

小林宏衣 Hiroe Kobayashi (Vocal)
4歳からピアノを始め、小学校の頃に両親に連れて行ってもらったレイ・チャールズのコンサートでの彼の演奏に深く感銘を受ける。洗足学園短期大学ジャズコースにてジャズピアノを今泉正明氏に師事。
卒業後、ヴォーカルを伊藤君子氏に師事。a cappella group のメンバーとして、学校公演や企業イベント、パーティー、 ブライダルなどで活動。その後ジャズシンガーとしてソロ活動を始め、2015 年は横濱ジャズプロムナードにも出演。ギターリスト森永達哉氏と、洋楽などをジャズアレンジした楽曲や、オリジナル曲を中心としたギターとボーカル のユニット「Emi U laugh」(エミユラフ)を 2011 年 5 月に結成。2014 年 10 月に初のアルバム”Smile has coming”を2016年9月に2ndアルバム”Off white road”をリリース。その他、2017年10月にはジャズピアニスト坂本千恵のNew album”Four seasons”に坂本千恵with De-tox のメンバーとして参加。

松原 慶史 Yoshifumi Matsubara (Guitar)
ギタリスト。1985年生まれ。静岡県三島市出身。3歳でバイオリンを始め、14歳でエレキギターを手にする。高校を卒業後、渡米。2006年よりジャズの名門ノーステキサス州立大学でジャズギターを専攻。在学中、テキサス州ダラスを中心に演奏活動を展開。 アメリカ各地のジャズクラブ、フェスティバルに出演。グラミー賞ノミネートピアニストのTalor Eigstiや実力NO,1と言われる若手トランぺッターAmbrose Akinmusire RH Factorのドラマー Jason Thomasらと共演。日本に帰国後は村上ポンタ秀一、小沼ようすけ、榊原大、平井景、坂井紅介、岡沢章、高橋ゲタ夫、などと共演。Fred Hamilton, Jonathan Kreisberg, Gilad Hekselman, Lage Lund, Miles Okazaki, Ambrose Akinmusire, 布川俊樹に師事。自身のオリジナル曲を演奏するクインテットや、ジャズスタンダードを演奏する「Standard Trio」の活動を中心に、サイドマンとしては高橋ゲタ夫 Crystalina’s Voyage、佐藤恭子リトルオーケストラ、森紀明ラージアンサンブル、寺井雄一グループなどに参加。ボーカリストとDUOでの活動も多い。エレキギターをメインにナイロン弦ギターも演奏し、口笛やボイスを取り入れたパフォーマンスも得意とする。2016年8月Jazz Life×G`club Tokyo presents Jazz Guitar Contest supported by Gibson にて最優秀賞を受賞。同年9月 横浜のジャズコンテスト「ちぐさ賞」に和田明(Vo) のサポートとしてDUOで出演。優勝する。 現在二社とエンドースメント契約を結び、「Kigoshi Guitar」からはKT-001 AJ (テレキャスター) 「Ryosuke Kobayashi Guitars」からNylon Crossover Electric(ナイロン弦ギター) の提供を受けている

3/6(fri) Eiko Solaris

エイコ ソラリス(vo) 田井中福司(ds) キンバル ブラウン(tp) デニス ランバート(pf) マーク トゥーリアン(b)
Eiko Solaris(vo) Fukushi Tainaka(ds) Kimbal Brown(tp) Dennis Lambert(pf) Mark Tourian(b)

music charge
コース料理ご予約の場合 4,000yen  
通常 5,000yen  

open 18:00 1st 19:30 2nd 21:00(入替なし)

Resevation / ご予約

3/7(sat) Jazz de Beatles Night

斉藤タク(gt) 友田ジュン(pf)
Taku Saito(gt) Jun Tomoda(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

【演奏予定曲】
imagine

let it be
strawberry field forever
here there and everywhere  etc…
※曲目は予告なく変更となる場合がございます。

【出演者情報】

斉藤 タク Taku Saito(Guitar)
2001年渡米。ノーステキサス大学ジャズ科入学。2007年卒業。Fred Hamilton、Lynn Seaton、Stefan Carlson、Mike Steinel、John Murphyに師事。 その他Adam Rogers、Miles Okazaki、Tim Miller、Jimmy Tunnelら多数のレッスンを受ける。Bernerd Wright、Shelly Carroll、Keith Anderson、Bobby Sparks、Snarky Puppyのメンバーなど多数のアーティストと共演やレコーディングに参加。2007年には自己のバンドである「Forjak」というバンドと共にグラミー賞受賞経験もあるChris Bellの協力の下、Sitmom レコードレーベルからCDリリースをし、それに伴った全米ツアー、日本、韓国ツアー行い成功を収める。作曲、編曲家としての活動も精力的に行う。帰国後、ジャンルを問わず様々なアーティストのサポートやレコーディングをしながら、多数のバンドに所属するマルチなギタープレーヤーとして活躍中。

友田 ジュン Jun Tomota (Piano)
3歳からピアノ、5歳からエレクトーンを始める。Jpopやロックの他、幼少期から父の影響でジャズやフュージョンに親しむ。地元高校を卒業後、上京し音楽学校MESAR HAUSに入学。ピアノをクリヤマコト氏、アンサンブルを矢堀孝一氏、井上博氏に師事する。在学時に2014年第2回クリヤマコトアドリブコンテストにて菊地成孔賞を受賞。2016年にMESAR HAUSを卒業後、プロデビューを果たす。北川翔也(Gt.)、小栢伸五(Ba.)、山本真央樹(Dr.)から成る『DEZOLVE』を2014年に結成。(北川は2015年加入)2018年2月に発売の3rdアルバム『PORTRAY』にて、キングレコードよりメジャーデビューする。都内、関東近郊のライブハウスで演奏する傍ら、声優やCM音楽、映画音楽などのレコーディング、作編曲などスタジオワークも精力的に行っている。繊細なタッチとメロディアスなプレイ、ジャズをバックグラウンドとしながらもジャンルレスなスタイルによるアンサンブル適応能力に多方面から高い評価を得ている。

3/8(sun) Jazz de Night

秋吉秀信(b) 宮澤由衣(pf)
Hidenobu Akiyoshi(b) Yui Miyazawa(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

【 Jazz de Night 】

ジャズのある空間を味わう、新しいライフスタイル”“新たなジャズファンと新たなスタンダードが生まれる場”を テーマに、どこかで聴いたことのあるポピュラー名曲のジャズアレンジやお洒落なジャズスタンダードを織り交ぜた選曲で、 今までジャズに馴染みのなかったお客様にも生のジャズの魅力を体験していただけるステージをご用意しております。 ジャズをより身近に感じて欲しい、ジャズのある日常を体験して欲しいという思いを込め、特別価格でご提供いたします。 仕事帰りの一杯、デート、ご会食等、ジャズの流れる空間を思い思いにお楽しみください。

3/9(mon) CLOSE

恐れ入りますが3月9日(月)はお休みとさせて頂きます。

3/10(tue) Jazz de Night

土濃塚隆一郎(flh) ヤマザキタケル(pf)
Ryuichiro Tonozuka(flh) Takeru Yamazaki(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

【 Jazz de Night 】

ジャズのある空間を味わう、新しいライフスタイル”“新たなジャズファンと新たなスタンダードが生まれる場”を テーマに、どこかで聴いたことのあるポピュラー名曲のジャズアレンジやお洒落なジャズスタンダードを織り交ぜた選曲で、 今までジャズに馴染みのなかったお客様にも生のジャズの魅力を体験していただけるステージをご用意しております。 ジャズをより身近に感じて欲しい、ジャズのある日常を体験して欲しいという思いを込め、特別価格でご提供いたします。 仕事帰りの一杯、デート、ご会食等、ジャズの流れる空間を思い思いにお楽しみください。

3/11(wed) Jazz de Movie Night

斉藤タク(gt) 成田祐一(pf)
Taku Saito(gt) Yuichi Narita(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

【演奏予定曲】
Moon River「ティファニーで朝食を」より

My Favorite Things 「サウンドオブミュージック」より
Never Ending Story 「ネバーエンディングストーリー」より
Shape Of My Heart 「レオン」より
Summer 「菊次郎の夏」より
ひまわりの約束「STAND BY MEドラえもん」より
月のしずく「黄泉がえり」より
City Of Stars「ラ・ラ・ランド」より
The James Bond Theme「007」より
I’ll Be Seeing You 「恋の十日間」より
Indiana Jones Theme「インディージョーンズ」より
I Don’t Want To Miss A Thing 「アルマゲドン」より
Merry Christmas Mr Lawrence「戦場のメリークリスマス」より
My Heart Will Go On 「タイタニック」より
SOS 「マンマミーア!」より
なんでもないや「君の名は」より
ピンクパンサーのテーマ「ピンクパンサー」よりetc…
※曲目は予告なく変更となる場合がございます。

【出演者情報】

斉藤 タク Taku Saito(Guitar)
2001年渡米。ノーステキサス大学ジャズ科入学。2007年卒業。Fred Hamilton、Lynn Seaton、Stefan Carlson、Mike Steinel、John Murphyに師事。 その他Adam Rogers、Miles Okazaki、Tim Miller、Jimmy Tunnelら多数のレッスンを受ける。Bernerd Wright、Shelly Carroll、Keith Anderson、Bobby Sparks、Snarky Puppyのメンバーなど多数のアーティストと共演やレコーディングに参加。2007年には自己のバンドである「Forjak」というバンドと共にグラミー賞受賞経験もあるChris Bellの協力の下、Sitmom レコードレーベルからCDリリースをし、それに伴った全米ツアー、日本、韓国ツアー行い成功を収める。作曲、編曲家としての活動も精力的に行う。帰国後、ジャンルを問わず様々なアーティストのサポートやレコーディングをしながら、多数のバンドに所属するマルチなギタープレーヤーとして活躍中。

成田祐一 Yuichi Narita
父親の影響で、幼少の頃から洋楽を聞いて育つ。9歳でクラシックピアノを始め、洗足学園音楽大学入学と同時にジャズに転向。在学中はユキ・アリマサ氏に師事。卒業と共にプロ活動をスタート。
2010年よりニューヨークに渡米し、現地でライブやセッションに参加。翌年帰国後、現在は横浜・都内を中心に演奏活動を行いつつ、自分らしいピアノとは何かを研究中。
三木孝浩監督の映画「坂道のアポロン」では主人公(西見薫)のピアノを担当。

3/12(thu) Jazz de 歌謡 & Anime Night

堤 智恵子(sax) 中島明子(pf)
Chieko Tsutsumi(sax) Akiko Nakajima(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

【演奏予定曲】
みずいろの雨
ルビーの指輪
あなた
異邦人
中央フリーウェイ
etc
※曲目は予告なく変更となる場合がございます。

【演奏予定曲】
ルパン三世のテーマ
崖の上のポニョ
君をのせて
etc
※曲目は予告なく変更となる場合がございます。

堤智恵子 Profile
埼玉県大宮市生まれ、誕生日は10月24日。
埼玉県さいたま市生まれ。東京音楽大学(サックス科)にて石渡悠史氏に師事。在学中にジャズの魅力にとりつかれ、土岐英史氏に師事し、奏法・理論などを学ぶ。藤陵雅裕氏、佐藤達也氏にも師事。 多くのベテランプレーヤーとのセッションで一定の評価を得た後、 1994年、今田勝氏(ピアノ)率いる“今田勝&NOWIN”に抜擢され、本格的にプロ活動を開始 。1999年発表の1stアルバム『Soaring Feather』に続き、オリジナルアルバム『Tiny Pocket』『イーリャブランカ』を発表。 2006年には初のカバーアルバム『みずいろの雨』をリリース。J-POPの名曲たちをジャズアレンジでカバーしたこのアルバムは、世代を越えて多くの人々に愛好されている。2008年、株式会社サンフォニックスへの所属と同時に、5thアルバム『Morango e Moranga(苺とかぼちゃ)』、その後ジャズスタンダードアルバム『Someone to watch over me』、昭和歌謡第2弾『KAYO-JAZZ』が発売されている。

中島明子 Profile
山梨県生まれ。3歳よりクラシックピアノを習う。小学生の頃エレクトーンも並行して習ったことがその後の音楽性に多大な影響を与える。中学一年の時には山梨県小中学校作曲コンクールで最優秀賞を受賞。専修大学法学部法律学科へ入学と同時にジャズサークルに入部、卒業後そのままピアニストとしての活動を開始、後に弾き語りもするようになる。2000年にトリオでのアルバム『The Sound Of TRIOGRAPH』、2004年にはソロアルバム『音の葉』リリース。2015年8月に新たなメンバーでのトリオにて、全て自己のオリジナル、インストゥルメンタルのみのアルバム『hyle』(ヒューレー)をIKKI MUSICより発売。作編曲にもその才能を発揮しており、中央アート出版社よりジャズ弾き語り、ジャズボーカル のCD付楽譜を10冊、リットーミュージックより弾き語りの教則本を1冊発売している。ピアノレッスンにも定評があり、活動は多岐に渡る。

3/13(fri) Jazz de ジブリNight

中島香里(vib) 後藤 魂(pf)
Kaori Nakajima(vib) Tamashi Goto(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

“Jazz de Night”をジブリの楽曲限定で開催する特別企画“ジブリNight”
【ジブリの名曲の数々をJAZZアレンジで!JAZZの生演奏と共にディナーを】

ジブリの名曲の数々をモダンでお洒落なJazzアレンジでお届けいたします!ジブリ好きもJazz好きも、Jazz初心者の皆様にもお楽しみいただけるスペシャルステージをお届けいたします。

【演奏予定曲】
海の見える街(魔女の宅急便)

君をのせて(天空の城ラピュタ)
時には昔の話を(紅の豚)
いつも何度でも(千と千尋の神隠し)
風の通り道(となりのトトロ)
カントリーロード(耳をすませば)

【出演者情報】

中島香里 Kaori Nakajima (vibraphone)
幼少の頃にピアノとエレクトーンを習い始めたのが音楽との出会い。中学・高校と吹奏楽部でパーカッションを担当し、大学でも音楽サークルで打楽器を続ける。大学卒業後プロのヴィブラフォン奏者を志し、Jazz理論と4本マレット奏法を赤松敏弘氏に師事。2010年から毎年、短期間ながらニューヨークへ赴き、現地で活躍する様々なミュージシャンとセッションを重ねるなど研鑽を積んでいる。小柄な体から叩き出される豪快で情熱的なソロや、歌い上げるようなバラードなど、4本マレットを鮮やかに閃かせながら紡がれる幅広い表現力、そしてヴィブラフォンの魅力を余すことなく出し切る渾身のステージングに定評がある。2013年11月に1stアルバム「Flying Mind」2016年12月に2ndアルバム「CROSS POINT」をリリース。オリジナル曲を多数収録し、景色や心情を軽妙に描き出した楽曲は人々の心に懐かしさや前向きなイメージを湧き起こさせ、メロディメーカーとしても注目を集めている。ダイナミックな演奏スタイルと情感豊かな歌心溢れるプレイが聴くものを虜にし、各ライブハウスやミュージシャンからのラブコールも多く、各地で毎晩様々な編成でライブを繰り広げ、参加ユニットも多岐に渡る。近年ではJazzにとどまらず、ラテン音楽やブラジリアン、フラメンコ音楽などを取り入れたグループに多数在籍しながら、様々な国の音楽のリズムやグルーヴも体得しつつある。

後藤 魂 Tamashi Goto
10歳よりクラシックピアノを始め大学在学中にジャズピアノを信田かずお、大徳俊幸のもとで学ぶ。大学卒業後、板橋文夫、大石学の両氏に師事し本格的にジャズピアニストとして活動を始める。現在はジャズを中心に都内で活動中。

3/14(sat) Jazz de Beatles Night

石川早苗(vo) リン ヘイテツ(pf)
Sanae Ishikawa(vo) Rin Heitetsu(pf)

music charge
コース料理ご予約の場合 0yen  
通常 1,000yen  

open 18:00 1st 18:30 2nd 19:30 3rd 20:30 4th 21:30 (入替なし)

Resevation / ご予約

【演奏予定曲】
imagine

let it be
strawberry field forever
here there and everywhere  etc…
※曲目は予告なく変更となる場合がございます。

【出演者情報】

石川早苗 Sanae Ishikawa
幼少期からピアノ、演劇などに親しみ、高校入学とともにヴォーカルを始める。
大学卒業後、プロ活動を開始し、次第にジャズに傾倒。2007年に『Feel Like Makin’ Love』をリリースし、ジャズ専門誌から絶賛を受ける。
年間200本を超える精力的なライヴ活動のほか、ヴォイストレーニング講師としても活動。

リンヘイテツ rinheitetsu
4歳よりピアノを始める。15歳まで東京音楽大学教室にてクラッシックピアノ・音楽理論を学び1988年毎日新聞社主催学生音楽コンクールにて奨励賞受賞。立教大学文学部入学後ジャズに興味を持ち始め、ユキ・アリマサ氏よりジャズピアノを学ぶ。2001年アメリカへ渡りバークリー音楽大学ジャズコンポジション科を専攻。引き続きジャズピアノ・音楽理論を学び演奏活動を開始。
2003年帰国後現在に至るまでの音楽活動は、都内を中心とする主要ジャズライブハウス演奏(横浜上町63 千葉柏nardis 上尾plus eleven 他)、人形劇チェコ国際大会にてパフォーマンスグループ「シアタートライアングル」グランプリ受賞時ピアノ演奏、メディア出演(NHK-FM J-Wave他)など多岐にわたる。