MENU

自律神経失調症の症状、なりやすい性格 自律神経のバランスがくずれると体はどうなるか?

スポンサーリンク
目次

自律神経失調症の4つのタイプ

「抑うつ型自律神経失調症」:抑うつ気分を伴うもの

「神経症型自律神経失調症」:性格からくる心理的なものが原因

「心身症型自律神経失調症」:ストレスが原因

「本態性型自律神経失調症」:3つのどれにも当てはまらないもの。

自律神経のバランスがくずれると体はどうなるか?

自律神経は全身のあらゆる臓器をコントロールしており、コントロール機能がうまく働かなくなると、身体や心にさまざまな不調が出てきます。

恐怖を感じたり、怒りを感じると心臓がどきどきしたり、顔色が青ざめたり、体が震えたりします。

心の興奮が、自律神経を介して体の症状としてあらわれます。そのため自律神経は「心と体の架け橋」と言われています。

深い失意を感じたり、憂うつな精神状態がつづくと、交感神経・副交感神経とも機能が低下します。

その結果、代謝や活動が抑えられ、食欲や性欲、睡眠にも支障をきたすようになります。

自律神経失調症は、不安感や抑圧などの心理的要因が根源にあり、体の不調を訴えている人がかなりの割合に上ります。

自律神経失調症の症状:精神

・不安感、憂うつ、イライラ(うつ病治療が必要)

・記憶力や集中力の低下

・無気力・意欲の低下(うつ病治療が必要)

・不眠・眠気

自律神経失調症の症状:全身

・体がだるい、疲れやすい(うつ病の疑いあり)

・微熱が続く

・めまいや立ちくらみがする

・食欲がない

・冷え、ほてり

治りにくいタイプの自律神経失調症でも、適切な治療をして、さらに環境を変えたり、生活をコントロールしたり、ストレスに対する耐性を強めたりと、その人に合った対処法を行えば回復します。
自律神経失調症という病気と上手に付き合いながら、支障なく生活することは十分可能なのです。

自律神経失調症になりやすい性格

ストレスに対して抵抗力の弱い性格や気質の人ほど、自律神経のバランスを崩しやすいです。

内向的で自分の感情を押し殺してしまうような人、ささいなことでかんしゃくを起こし社会への適応性に欠ける人、忙しいのを理由に空腹を我慢したりする人、A型人間。

これらのタイプの人は、自律神経失調症になりやすいです。

物事にクヨクヨせず、のんびりとマイペースで、上手にストレスを発散できるひとが、一番自律神経失調症にはかかりにくい人であることが分かります。

性格や気質は、自分では明確に把握できず、たとえ把握できていたとしても、体質と同じで簡単には変えられませんが、自分を内省して、直せる部分は直し、心を鍛えるといった努力が必要です。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる