MENU

当たり前のことをやった上で、人と違ったこと、特別なことを考えるべき

スポンサーリンク
目次

スペシャリストになる

何でもいいので、その分野のスペシャリストになることも大事です。

まずは自分の仕事の中で、さらに何かの専門家になることです。

ある分野において専門家になることは、自分の価値が高められることになります。

例えば、芸能界でも、長く活躍する人は、必ずといっていいほど専門分野を持っています。

差別化していかなければ、誰の目にもとどまらなくなるからでしょう。

誰にも負けない領域をつくる

これは、自分の力の「集中」につながります。

集中することによって、力を分散しているときよりも、はるかに力は発揮されます。

誰にも負けない領域を見つければ、それは多くの場合、他人との差別化になり、「勝ち癖」となっていきます。

人は誰もが長所があり、優れた部分があります。

それを活かし、自分の中で卓越した領域、分野を発見し、まずはその分野では負けない自分、「勝てる自分」をつくることは、勝ち癖をつけるうえで、最大の近道となります。

成功者ほど、当たり前のことをやっている

大成功を収めた人ほど、他の人と違うことをやっていると思われがちです。

もちろん、人と違うことをしたから大成功をおさめた人もいるでしょう。

人よりも早く新しいアイデアを思いついたり、戦略を立てて、みんなが気付く前に行動をしているのです。こうして、自分なりのビジネスモデルを構築しているわけです。

しかし、忘れてはいけないのは、成功者ほど、当たり前のことは確実に行っているということです。

日々やるべきメニューを決めて、それを黙々とやっています。

基本的なことをしないでいると、身体や行動、習慣が基礎を段々と忘れていってしまい、スキルが落ちていってしまうのです。スポーツ選手にも当てはまることだと思います。

成功者は、基礎を最も大事にします。

それは、いかに基本のことが将来、大きな力を生み出す原動力になるかを知っているからです。

当たり前のことをやらずして、大きな成功はありません。

当たり前のことをやらずして、特別なことに取り組んでも、力は決してつきません。

当たり前のことをやった上で、人と違ったこと、特別なことを考えるべきです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる