MENU

小さなイメージを大きく育てることで、未来志向がこれからの道を切り開く

スポンサーリンク
目次

夢想家で終わらせない

願望があっても、具体的に行動に移せない人はたくさんいます。

夢想家と言われる人は、自分がやりたいことをイメージ化できない人とも言えるかもしれません。

人は、「こうなりたい」「こうしたい」というイメージが浮かんだら、すぐに現実のものにしようと努力できるものです。

自分の未来をイメージづけできた人たちが、成功者としても道を歩むことができるのではないでしょうか。

人は幸せだったり、やりがいが感じられる世界をイメージできた時に、いてもたってもいられなくなり、それが人を突き動かし、行動へと導いてくれます。

その前向きさが、斬新なアイデアを生み出し、本気で計画を練ることにつながっていくのでしょう。

小さなイメージを大きく育てる

最初から大きなイメージを描ける人は素晴らしいことですし、小さなイメージしか描けないといっても、それが悪いわけではありません。

たとえ小さなイメージであっても、はっきりとした情景が浮かぶ方が、これから自分が歩んでいく方向が分かります。

イメージは大きくても、小さくても、目安となるのは、その鮮明さなのです。

とにかくあらゆるシーンを鮮明に描くことで、感情の持ち方、ワクワク感、勇気、エネルギーなど、あらゆるものが変わっていきます。

具体的に描くことが大切です。この具体性がなければ、ワクワク感も勇気もエネルギーも、半減してしまいます。

もし、何もイメージすることができないのであれば、思い浮かべようとしているレベルが、今の自分には大きすぎるのかもしれません。

ステップを踏んで、思い浮かべるイメージのスケールを大きくしていくようにします。(年収500万→700万→1000万など)

イメージを持たなければ、仕事も人生もただ単につらいもの、味気が無いものになってしまいます。

イメージを育てられることが、思い通りの未来へと導いてくれるのです。

未来志向がこれからの道を切り開きます。

私たちがこの先、受け取れるのは未来であり、過去ではありません。

楽観主義者は成功をつかむ

いかに楽観主義になれるのか。これは成功したり、何かを達成する上で最も重要な要素の一つです。

楽観主義者はそうでない人に比べて、はるかにエネルギーに満ちあふれ、積極的であり、前進し続けることができます。

これは仕事においても、プライベートにおいても、自分自身の健康についても影響を与えています。

楽観主義者は、自分に対しても他人にも精神的に前向きな姿勢をとっています。

何か問題が起きても次はうまくいくと思い、ピンチに立っても何とかなるさと思い、打開策に思いを巡らせることができます。

楽観的になれると、ハードワークをしても疲れにくく、エネルギーに満ちあふれているので、抵抗力も上がるのです。

考え方を変えることで、楽観的な性格は身につくものです。

楽観主義者は、未来に対していいイメージを描いていると言えるでしょう。

それは生まれつきではなく、誰にでもできるのです。

明日に対して楽しいイメージを描くだけでも、エネルギーは確実にUPしているはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる