MENU

ワクチン接種しない理由 普通のサラリーマンがゆる~く考えて到達したこと

スポンサーリンク
ワクチン接種しない理由 普通のサラリーマンがゆる~く考えて到達したこと

ワクチン接種しない理由 普通のサラリーマンがゆる~く考えて到達したこと

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

はじめに

この話題を周りにすると嫌がられる。家族からもだ。ましてや会社ではオミクロン怖い怖いと若い社員が雑談しており、3回目の職域接種の予約を入れている。彼らは何を基準に接種する判断をしたのか。接種しない選択肢は考えたのか。何かを覚悟して接種することにしたのか。誰かのためか。世間のために接種することにしたのか。まさか、レストランに行くため、イベントに参加したいがためなのか。こんなことからゆる~く考えてみました。

マスメディア、書籍、特にYoutubeやニコ動から発信される叫びから学んだこと(反面も含む)や、自分のいまの想いをここに表現する。みなさんの一助になれば幸いです。

それから、恐縮にも、もし専門家の方が目に触れて頂けたのであれば、ご意見や間違いをご指摘くださると有難いです。兎にも角にも目的は、世の中の善良な人々、特に若い人、これから人生を歩んでいく人に気づいてほしいのです。



目次

1.そもそも健康であれば自然免疫が正常に働き簡単には感染しないし発症しない

人間には自然界と共生するための免疫システムがある。かぜウィルスや細菌に対抗し正常な、そして健康な身体に戻そうとする力が備わっている。これ以外に病気を完治する方法はない。これが自然治癒力だ。いわゆるワクチンや特効薬では症状が緩和はするが完治はしないのである。

この章では自然免疫がどのタイミングでどのくらい働き身体を守っているのかを、一般のサラリーマン視点で述べていく。


武漢ウィルスからオミクロンかぜへ

2019年暮れからの武漢での新型ウィルス騒動から始まり今日に至るが、当時は未知のウィルスでありゾンビウィルスかの如く不安に思ったものだが、今日では世界中からリアルな情報が続々入手できる。また、真実を語り人々の命を第一とする医師からの発言から、人体がもつ素晴らしき仕組みに気づかされた。先入観さえ更新できれば、つまり、思考を止めなければ、普通のサラリーマンでも守るべきものが理解できるのだ。

強毒ウィルスから弱毒ウィルスへ

オミクロン株、改め、オミクロンかぜが流行していることでインフルエンザや強毒ウィルス、武漢ウィルス株、デルタ株でさえも今ではかかりにくくなっている。ウィルス干渉というそうだ。

かつてのSARS、MARSもいつの間にかどこかに行ってしまったように、これらRNAウィルス(かぜと呼ばれるコロナウィルス)は短期的に変異を繰り返し感染力は強くなるが、次第に弱毒化するのが常なのだ。

それゆえ、かぜのウィルスは作っても一時は効いたとしてもすぐに次の変異型が流行するので、作っても無駄。コスパが悪いので製薬会社も手を出さなかったし、人体も必要としてなかったのがこれまでだ。


ウィルス感染とはなんだ

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる