MENU

「まぁいいか」「どうせうまくいく」明るい未来を切り開く究極の言霊

スポンサーリンク
目次

魂の成長

失敗や病気から学ぶたびに、魂は成長します。そうすると人生に革命がおきます。

今までの人生とは全然違う、最高に幸せな人生に変わります。

肩の荷が下りて気持ちが軽くなる。

明るい気持ちになって、毎日が楽しくなる。

生きることがだんだん楽になっていく。何もかもがうまくいく。

幸せになれる道に導いてくれます。

本人が何を学んでいるかは、他人には分からないものです。

励ましがあった方が学びにつながる人もいれば、放っておいた方がいい人もいる。

へたな励ましは相手を傷つけることもある。

基本は、愛をもって見守ることです。

どんな人にも、それぞれの人生があります。自分の人生なんだから、したいことはすればいいし、嫌なことはしなくていい。思った通りにしていいんです。

でも、どんな選択をしても、それによって楽しくなきゃならない。自分を苦しめる選択はしないことです。

学びがある限り、それは成功

失敗しても、そこから学べば成功だから、自分を責める必要はありません。

どうしても失敗をネガティブに捉えてしまう人は、いったんそこから逃げるといい。

苦しくてどうしようもなかったら、逃げるしかないです。

逃げたって、神様は見放さないし、いつも守ってくれる。

安心して逃げたらいい。どこからでもやり直しはききます。

何も行動しないことこそが本当の失敗です。

心はいつだって楽しめる

心と身体はつながっているといいますが、心が主人で体は召使です。

苦しい時、痛みがある時、体が思うように動かないとき、それは命をおびやかすことだから、人として一番のストレスです。

ただ、体の苦しみで、心までつらくなる必要はない。

苦しいのは体であって、心はいつでも楽しめるものです。

心が楽しんでいれば、体の痛みが少し軽くなるということはあります。

自分の意識次第で変えることができます。

「まぁいいか」ととにかく言う

この言葉をいつも口にしていると、だんだん肩の荷が下りてきて気持ちが軽くなるし、生きるのが楽になります。

人生に対する安心感が違ってくるから、心は明るくなるし、苦しみも小さくなる。だからどんどん幸せになるし、運勢さえも上がってきます。

前向きな気持ちで「まぁいいか」が言えないときでも、あきらめの気持ちでも投げやりでもいいから、とにかく「まぁいいか」と言ってみることです。口ぐせになるくらいになるといいですね。

「まぁいいか」は、世の中にある、善悪のどちらにも属さないグレーソーンを意味する言葉でもあります。

白黒つけず、この世は、曖昧なところがあっていいのです。どっちでもいいっていう、気楽さも大事です。

病気の人に対する態度

同情しても、病気は治りません。大事なことは、あなたの元気な波動を送ってあげること。

これは大切なことで、何よりもっとも効果的なことです。

病気の人に対しては、必要以上に心配の波動を送らないようにしたい。

少しでも楽しい気持ちにさせてあげて、痛みや苦しみを軽くしてあげたいと思うのなら、まず自分が楽しくすることを忘れないことです。

どうせうまくいくから心配しなくていい

ネガティブな情報があふれる中で明るい気持ちになるには、意識的に明るいことを考えるのが一番です。

未来は明るいと本気で信じること。

一日一日、必ずよくなっていくと考えること。

起こることはすべて、自分に必要なことだから起きているのです。

そこから「まぁいいか」って学びさえすれば、すべては解決するし、明るい未来しかありません。

自分の中には、全力で守ってくれる神がいると信じて、安心して自分の好きなように生きればいいのです。どうせうまくいくから。


出典「斎藤一人神的まぁいいか」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる